Entries

ボルベール〈帰郷〉

ボルベール〈帰郷〉を見た。
もはや説明不要の映画、第59回カンヌ国際映画祭では主演のペネロペ・クルスを含む出演した女優5人に対して女優賞が贈られ、更に脚本賞も受賞。第79回アカデミー賞の外国語映画賞スペイン代表とまた名作映画がひとつ誕生したと言っても過言ではないだろう。

いやぁ、面白かった。
ヨーロッパ映画って独特な”間”があるじゃない?
実は僕、あの”間”がちょっと苦手なのね。
でもこの映画の”間”というのは様々な登場人物の心理描写に直結していて、見ていると妙に叙情的な感覚に包まれてしまうのよ。それがすごく不思議。
スペインの独特な色彩感覚が与えている効果も大きいね。さすが情熱の国スペイン。
あとはやはりペネロペ・クルスの妖艶な美しさと存在感、そして演技力が素晴らしかった。
彼女なしにはこの映画は成功はなかったであろう。

この映画の宣伝では、いわゆる芸能マスコミでペネロペのトイレシーンが取りざたされていたのだが、映画の宣伝ってあれでいいのか?認知されればそれでいいのか?と作品を見た後ちょっとその宣伝手法を疑ってしまったよ。
やはり打ち出す側にもね、その作品に対するリスペクト感がないとさ、今の時代ユーザーには響かないと思うんだよなぁ…。

女は強し、そして母はたくましく、偉大なり。
この普遍的なテーマを独自の視点で描ききったこの監督の手腕は日本国内でももっと評価されるべきだ。
VORVER.jpg

スポンサーサイト



6件のコメント

[C8288] ボルベール(帰郷)観ました!

わたしも観ました!ボルベール(帰郷)。女性の強さと弱さが両方描かれていたと思います。

そう、わたしも雑誌で映画評論をみたときに、例のトイレシーンが写真で出てて、あればっかりがすごい印象に残ってたんですよね。あそこを強調しなくたっていいのにね。

[C8289] うん

女性はきっと更に共感できるのでしょうね。
女性の視点でなければわからない奥深さもあの映画にはあると思います。
  • 2007-08-22
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C8290]

ぺねろぺ、可愛い~♪

って、そこかよっ。(笑)
  • 2007-08-22
  • 投稿者 : よし蔵
  • URL
  • 編集

[C8292] かわいーよなぁ

しかもスタイル抜群ぢゃん?
やばいよね。
  • 2007-08-23
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C8294]

うん!ラテンの女(”系”じゃなくてね。)はイイ!

モニカ・ベルッチとか、モニカ・ベルッチとか、モニカ・ベルッチとか、ね♪(笑)
  • 2007-08-23
  • 投稿者 : よし蔵
  • URL
  • 編集

[C8298] すげー

そんなラテン女好きなんだ。
でもわかる(*^_^*)
でも”系”じゃないところが結構ウケたよ☆
  • 2007-08-23
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/949-becef192
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
4132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
237位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ