Entries

新宿 割烹 中嶋

えー、先日後輩のるうじんくんから「飯おごれ」という指令を受けましてー(過去Blog"僕がBlogを続ける理由(ワケ)"のコメント参照)。おもわず「すごいもん食わしてやる」と言ってしまいー...(後で「しまった奴の戦略に乗ってしまった...」とちと反省)非常にお店のセレクトに困りました。
というのもまた「福わうち」だと前に紹介しちゃったから芸ないじゃん?
で、選んだのが表題の新宿は「割烹 中嶋」

20050202011435.jpg


みなさん北大路魯山人って知ってます?
人気コミック「美味しんぼ」で取り上げられたこともあるから名前くらい聞いたことあるよね?
陶芸や書、絵画の大家でもあり、同時に、美食家として有名な方です。
その作品はもう博物館ものと言えばわかりやすいかな?

このお店はその魯山人が主宰していた「星岡茶寮」の初代料理長だった方のお孫さんがやっている関西割烹のお店なんですよ。
なんと常連さんには魯山人の器でも出してくれるそうな..。

ここは親が大好きで、昔連れて行ってもらったことを思い出し、決定。

夜はコース料理のみなのですが、これがどれもこれもすごく素材にこだわった料理で、すごく美味しい。
多分その感動はるうじんくんのBlogで熱く語られていると思うからまかせるとして(笑)
いや時間がたつことを忘れるほどの美味しさと、それに増す熱い語らいで、すっかりご飯の写真撮るの忘れちゃった(笑)

で、気づいたのが終盤の「揚げ貝柱のご飯」

20050202011440.jpg


と、最後の「黒豆のアイス」

20050202011450.jpg


ま、何を食べたかどうしても知りたい方は「中嶋」のHPに詳しく出ています。

で、今回思ったのは2つ。
やっぱ日本料理って食材も器も含めて、そこに文化があり、季節があるものだなぁ~としみじみ。芋焼酎の「なかむら」も初めて飲んだけど香りがまろやかで美味!あー日本人でよかった(歓喜!)

もうひとつは
たまには社内だけの人間での食事会もいいよね。
後輩るうじんも若いなりに熱い思いを持っている奴だし、一緒に参加してくれた先輩のkanzoさんもいろんな物事の見方ができる人で面白いので、ま、いろんな人の考え方を知っておくのも重要だなぁとしみじみ。

で、結局おごるつもりが先輩におごられてしまうハメに...。
kanzoさんゴチです。

ということは......「るうじん君におごる会」またやるのぉぉぉ(涙)


PS:ちなみにここランチタイムには鰯料理だけの各種メニューでやってるんですが、これまたうまい!し、値段もリーズナブルです。新宿が勤務地の方は是非一度お試しあれ!
スポンサーサイト



7件のコメント

[C132] Kanzo先生、ゴチになりました

え~、「るうぢん」なのに、「るうじん」と名前を間違える先輩には「名前を書き間違えてゴメンご飯会」を開催してもらいたいと思います(笑)

看板の写真に映りこんでいるキツネの正体にも触れてくれていないですし!
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : るうぢん
  • URL
  • 編集

[C133] あ、ほんとだ

いままでぜんぶ「るうじん」くんでコメントしてたよ(笑)
「るうぢん」くんね。
そだなー、ごめんなさい飯会は牛丼復活した「吉野屋」?うそうそ、こんどつーさんも一緒にやろうぜ!

あ、キツネ写ってたね。今度はフクロウに挑戦だ!(笑)
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C139]

海原雄山の陶芸の師匠、唐山陶人は魯山人に師事していたという設定でしたね。美味しんぼマニアとしてはうらやましいです。。
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : つーさん
  • URL
  • 編集

[C140]

これはこれはつーさん。今回は体調崩しちゃって残念だったねぇ。
でも家も近いし、ランチでも行ってみてください。
ま、完全に体調復帰したら飯食いにいこう!
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C141]

おごりおごられて、いい仲間ですね。
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : マサル
  • URL
  • 編集

[C143]

おごりっぱなしなんすけど....(涙)
  • 2005-02-02
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C150]

え、マジでw
  • 2005-02-03
  • 投稿者 : マサル
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T5] 曖昧なスッポンポン

ある意味、世界のツートップと思われる先輩二人とご飯。しかし、旨い。なにを否定している「しかし」なのかよくわらからないが、今までの何かを否定したくなる旨さだった。また量もお上品で、お腹に優しい。このお料理の半分は優しさで作られているかと思った{/hiyo_cock/}話
トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/57-1e2832f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
137位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ