Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C14801]

どうも答えて頂きありがとうm(__)m。

紳助→ジョブズ→菅直人→ときて・・・つぎが「ほっしゃん」→「レオン」と続くと意味不明でいいんじゃないかと個人的に思ったり思わなかったり(徐々になごみ系になってるw)

って思うと、どっちの端っこにも寄ってない菅さんってやっぱり…。
(目に危機感がないように感じる。)
もう議論は無駄だ、上にも下にも使えるやつ持ってこいって意見も耳にするけど。
多分ここで意見を戦わせないとこの国は…すぐには沈まないにしても、もの凄く回復しづらい所まで「エネルギーを失う」ように感じる。

「目の力」の話なので、AERAに載ってた内田樹の記事からまた引用
逆に「人を見る目」の話。
確かに頭悪くなさそうなのに…なんだか人を見る目無いなあ…って人いる。
私たちは危機的状況にあるような気もする。

引用→「それはジャーナリストに『人を見る目』がなくなったということである。取材のたびに、記者たちの前にはさまざまな人物が登場して、さまざまな言明をなす。 多くは主観性のバイアスがかかっている(中にはあからさまな誇張や虚偽も含まれる)。だから、報道を職務とするものに一番必要なのは、彼らに向かって語っ ている人間の言明のうちの真実含有量をクールに計測する能力である。
しかし、このような能力は入学試験や就職試験では査定の対象にならない。受験科目にないし、大学でも教えない(そもそも教員たちも上司たちも若者がそのような能力を持つことをほんとうは望んでいない)。
その結果、私たちの社会では『人を見る目』を持つ人が絶滅に瀕しつつある。
『人を見る目』というのは、コンテンツの理非については判断できないが、『この人の言うことなら信じてもよい』と判断できる力のことである。あるいは、話のつじつまは合っているが、『この人を信じてはいけない』と直感できる力のことである。
この先駆的なスクリーニングによって、さまざまな犯罪や業務上のミスは未然に防がれ、社会的コストは抑制されている。
けれども、この能力には顕示的なエビデンスが存在しない。『人を見る目がある人間』の身の上にはさしあたり何も起こらないからである。不可解なことだが、 私たちの社会はこの『予防的に厭な思いを回避した力』をゼロ査定する。危機的状況に際してはこの能力の有無がしばしば生死を分かつことになるにもかかわら ず。」

その「ゼロ査定されてる能力」ってどこにあるのか、どこで培われるのかと思うと、多分凄くプリミティブな関係性の中にしかないんだろうなあと。
で、今の政治家やメディア内の人って「そういう関係性」(人・生き物のまともな感覚というか)をおうちや地元に帰ってちゃんとやってるか?というとどうもそうは見えない人ばかりに感じるのよね。
海外の政治家って意地でもやってそうじゃない??w。イタリアあたりも合衆国も。
  • 2011-08-27
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14802] あー

たしかにマスコミも見る目がないよなぁ...
  • 2011-08-28
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/2161-7f31317e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

菅総理退陣のニュースに思う

SEO対策特別企画ニュースワード日記第三弾。本日はまたまたハムニからのリクエストにより菅総理w
しかし昨日のジョブズネタもなかなかのアクセスでしたよw
やっぱアクセスを稼ぐのって、結局時事ネタがいいんでしょうねぇ....
「ジャニーズ」とか「東方神起」とかでもよさそうだなwあ、あと「AKB48」もww

で、本題の菅総理退陣のニュース
まぁ、ボクも前回民主党に投票したから、その責任は国民にもあると思うんだけどさ、ま、ぶっちゃけやっぱプロジェクトってリーダーがしっかりしていないと全部ダメになるという典型的な悪例を見せてくれた内閣でしたね。ただそれだけだよ。うん。国民も見る目がなかったね。選択肢もなかったというのもあるけどw。
やっぱね、リーダー失格なやつって「目」を見ればわかるんだよね。TV越しでも目力のありなしで自信がある人、ない人ってわかるもん。そういった意味で菅は迷いまくってたような印象を個人的にはもってました。
んで、残念ながら今の民主党にそこまで目力をもった人が他にいるかというとハッキリ言っていない。
だから今日本はいろんな意味で、危険な状況にあると思うんだよね。
こういう不安定な時期に右にふれた変人が現れると、それが例え今マイノリティだったとしても、ちょっとしたきっかけで世の中が一気にそっちにふれちゃう危険があるような気がすんのよ。歴史がそうだったように。
だから、いつも書いてるけど、今、国民はおおいに議論するべきなんだと思うんだな。
そのためにソーシャルが活用されるのであれば、それは多分正しい進化の方向だと思う。
やっぱ無関心が最大の罪なのかもしれないよ。

kan22.jpg












スポンサーサイト

2件のコメント

[C14801]

どうも答えて頂きありがとうm(__)m。

紳助→ジョブズ→菅直人→ときて・・・つぎが「ほっしゃん」→「レオン」と続くと意味不明でいいんじゃないかと個人的に思ったり思わなかったり(徐々になごみ系になってるw)

って思うと、どっちの端っこにも寄ってない菅さんってやっぱり…。
(目に危機感がないように感じる。)
もう議論は無駄だ、上にも下にも使えるやつ持ってこいって意見も耳にするけど。
多分ここで意見を戦わせないとこの国は…すぐには沈まないにしても、もの凄く回復しづらい所まで「エネルギーを失う」ように感じる。

「目の力」の話なので、AERAに載ってた内田樹の記事からまた引用
逆に「人を見る目」の話。
確かに頭悪くなさそうなのに…なんだか人を見る目無いなあ…って人いる。
私たちは危機的状況にあるような気もする。

引用→「それはジャーナリストに『人を見る目』がなくなったということである。取材のたびに、記者たちの前にはさまざまな人物が登場して、さまざまな言明をなす。 多くは主観性のバイアスがかかっている(中にはあからさまな誇張や虚偽も含まれる)。だから、報道を職務とするものに一番必要なのは、彼らに向かって語っ ている人間の言明のうちの真実含有量をクールに計測する能力である。
しかし、このような能力は入学試験や就職試験では査定の対象にならない。受験科目にないし、大学でも教えない(そもそも教員たちも上司たちも若者がそのような能力を持つことをほんとうは望んでいない)。
その結果、私たちの社会では『人を見る目』を持つ人が絶滅に瀕しつつある。
『人を見る目』というのは、コンテンツの理非については判断できないが、『この人の言うことなら信じてもよい』と判断できる力のことである。あるいは、話のつじつまは合っているが、『この人を信じてはいけない』と直感できる力のことである。
この先駆的なスクリーニングによって、さまざまな犯罪や業務上のミスは未然に防がれ、社会的コストは抑制されている。
けれども、この能力には顕示的なエビデンスが存在しない。『人を見る目がある人間』の身の上にはさしあたり何も起こらないからである。不可解なことだが、 私たちの社会はこの『予防的に厭な思いを回避した力』をゼロ査定する。危機的状況に際してはこの能力の有無がしばしば生死を分かつことになるにもかかわら ず。」

その「ゼロ査定されてる能力」ってどこにあるのか、どこで培われるのかと思うと、多分凄くプリミティブな関係性の中にしかないんだろうなあと。
で、今の政治家やメディア内の人って「そういう関係性」(人・生き物のまともな感覚というか)をおうちや地元に帰ってちゃんとやってるか?というとどうもそうは見えない人ばかりに感じるのよね。
海外の政治家って意地でもやってそうじゃない??w。イタリアあたりも合衆国も。
  • 2011-08-27
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14802] あー

たしかにマスコミも見る目がないよなぁ...
  • 2011-08-28
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/2161-7f31317e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
238位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。