Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C14488]

実家の北東にも植えてあったよ。なんてん。
ちょうど子供の頃の勉強机の前あたりにあった。
小鳥が来るよ。いいものですよ。
こっとりっはとっても♪うったがっすきー♪
かーさんよぶのもうったでっよぶー♪ぴぴぴぴぴ♪

ーー以下余談ーー

ちなみに風水の意味があるところと無いところを説明すると3時間ほどかかりますけど・・・。東大生産技術研究所の報告書が…ってまあややこしい話になるんだけどw。
南天植えるとかはじっさいは風水と言うより造園のセオリーな所があってね。環境のインアウトの循環に関係するんだよね。

南側には石か(ま、コンクリでも良いんだけど)重しになるものと松のたぐい(常緑樹とか緑が持続するもの)南西方面には梅とか実がなるもの。
西南西あるいは入り口に面した角にはつるバラとかつたがはうもの。
北側には針葉樹とか香草系。北のモノ。
(この辺は中華思想で、夷敵とか外敵を防ぐ意味と、防風ほこりを防ぐ意味がある、ほら、中国大陸は乾燥地帯だから、誇りは眼病の元だから目に関係する。で、とげとげしいモノと目隠しになるツタ類が重用される。)
黄色が金運云々というのは皇帝への恭順とそれによる人的資本(金回り)のアピールがある。内陸に住んでる奴ほど田舎もんで敵だから(つまり西方向)我々は皇帝の色をまとうのだと言うアピールで西側に黄色を置く。
日本で西側に池とか(ドラマとかで夕暮れにお金持ちが夕陽見ながら池の鯉にエサやってるのみたことない?)置くのは中国では東でして。
まあ不老不死の蓬莱(日本と富士山。ジパングだね)を東に見てあこがれたのが日本では逆転したという・・・。だから地脈とか風水というのは、水によって呼び合うし水によって断ち切られる(要するに地脈の起源は黄河なんだよ、日本に黄河はない)じゃなんで日本で風水が流行ってるかというと起源は大体江戸末期の「ええじゃないか」のころでさ、知識人はみんな漢詩読んでたわけだからなんか権威があったってのがある。不安な時代のよりどころ。

で日本でも五行思想と陰陽思想が風水に変化適用されたのはなんでかって言うと。
渡来人の技術者が都市設計になんのとっかかりもなかった事から始めなきゃいけなかったことと。(奈良時代)内陸の都市設計で先端は長安だから、理由もわからず適用してしまったこと(と、それの江戸~明治時代になってのサイズダウン)
えーと根拠は江戸年間の本にあるけど「日本の霊山富士山が、中国の地脈のパワーを引き寄せて日本海を越えているから、日本でも使って良いんだ」みたいな事が書いてあります。
「都市史図集成(彰国社)日本建築学会編」って本の最初あたりに書いてある・・・なんで都市の区割りが四角いのかとか。はあはあ(興奮してるかも)
(ちなみにこの本の近代都市コンペのページのあたり、私も2ページちょっと書いてる。(←宣伝))
  • 2011-02-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14489]

逆です!
梶君ちの場合は基本的に家の中心点を基準にして北東方向が鬼門です。
だから駐車場のある方向が鬼門になるの。
鬼門の対角上となる南西側の花壇がある方向が裏鬼門。
なので、裏鬼門対策として花壇に「難が転じる:ナンテン」を、ってこと。

たぶん、乱雑にしてはいけない鬼門方向に駐車場。
裏鬼門方向に位置する玄関の先に花を植える花壇。
おそらく設計段階で風水を調べているいい家だと思いますよ!
  • 2011-02-24
  • 投稿者 : KENBOW
  • URL
  • 編集

[C14490]

裏鬼門にナンテンですか! 南西側というと... いま ラベンダーが相当幅を利かせていますね。 
こっちでもナンテン 入手可能かな~?
  • 2011-02-25
  • 投稿者 : PAW
  • URL
  • 編集

[C14491] おおお

ハムニ:やっぱ都市計画にも風水関係あるんだww

ケンボー:はい。おおせの通りにw

PAWさん:ロスで南天..手に入るんですかねぇ..
  • 2011-02-27
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C14493]

>都市計画にも風水関係あるんだww
そうそう、
というか本来都市計画用の概念なんだよね。
それをおうちサイズにサイズダウン、自分らの住んでる近場にバリエートしたと言う方が近いかも。(といってもむかし風水気にし始めたころの「おうち」は、いまでいう「チョー豪邸」だったわけですけど)

災いってのももともと夷狄(尊皇攘夷の「夷」ね)のことだとかんがえると。
お城って言うのもサイズダウンした城塞都市のことで、
本来お城のお堀や城塁なんかも、「万里の長城」の(すっげーサイズダウンだけど)ミニチュアなわけでさ。北方の(ほら鬼門が東北というのは中国東北部民族≒満州族のことなんだよね)夷狄から防衛する為に作られたのが万里の長城。
南西裏鬼門は、中国ではあちらから南西季節風が吹き込むことで火事や(だからかまどや台所を南西に置かない、火の粉が飛ぶ)ホコリで眼病が増えたとか。災いがいえのなかにやってくる。
家の真ん中に階段を置かないのは、むかしは天窓が作れなかったから暗くて事故が頻発したとか。
まあいろいろあるわけです。

サイズというかスケールごとに視点を変えて見てみると、それぞれの理由とか根拠(由来)がある。
  • 2011-02-27
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14498] あーなるほどー

昔は都市自体が要塞の機能も果たしていたもんなぁ...
  • 2011-03-04
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/2070-c2c101f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なんてん

ケンボー曰く
「家の鬼門には南天を植えるといいよ」
ということらしいので、早速購入して植えてみましたー。
よく考えたらオレ、ケンボーの言うことばっかり聞いているような..あははケンボーはトレンドリーダーやね。
南天って実もかわいいよね。
他に風水的にやっておいたほうがいいことある?

スポンサーサイト

6件のコメント

[C14488]

実家の北東にも植えてあったよ。なんてん。
ちょうど子供の頃の勉強机の前あたりにあった。
小鳥が来るよ。いいものですよ。
こっとりっはとっても♪うったがっすきー♪
かーさんよぶのもうったでっよぶー♪ぴぴぴぴぴ♪

ーー以下余談ーー

ちなみに風水の意味があるところと無いところを説明すると3時間ほどかかりますけど・・・。東大生産技術研究所の報告書が…ってまあややこしい話になるんだけどw。
南天植えるとかはじっさいは風水と言うより造園のセオリーな所があってね。環境のインアウトの循環に関係するんだよね。

南側には石か(ま、コンクリでも良いんだけど)重しになるものと松のたぐい(常緑樹とか緑が持続するもの)南西方面には梅とか実がなるもの。
西南西あるいは入り口に面した角にはつるバラとかつたがはうもの。
北側には針葉樹とか香草系。北のモノ。
(この辺は中華思想で、夷敵とか外敵を防ぐ意味と、防風ほこりを防ぐ意味がある、ほら、中国大陸は乾燥地帯だから、誇りは眼病の元だから目に関係する。で、とげとげしいモノと目隠しになるツタ類が重用される。)
黄色が金運云々というのは皇帝への恭順とそれによる人的資本(金回り)のアピールがある。内陸に住んでる奴ほど田舎もんで敵だから(つまり西方向)我々は皇帝の色をまとうのだと言うアピールで西側に黄色を置く。
日本で西側に池とか(ドラマとかで夕暮れにお金持ちが夕陽見ながら池の鯉にエサやってるのみたことない?)置くのは中国では東でして。
まあ不老不死の蓬莱(日本と富士山。ジパングだね)を東に見てあこがれたのが日本では逆転したという・・・。だから地脈とか風水というのは、水によって呼び合うし水によって断ち切られる(要するに地脈の起源は黄河なんだよ、日本に黄河はない)じゃなんで日本で風水が流行ってるかというと起源は大体江戸末期の「ええじゃないか」のころでさ、知識人はみんな漢詩読んでたわけだからなんか権威があったってのがある。不安な時代のよりどころ。

で日本でも五行思想と陰陽思想が風水に変化適用されたのはなんでかって言うと。
渡来人の技術者が都市設計になんのとっかかりもなかった事から始めなきゃいけなかったことと。(奈良時代)内陸の都市設計で先端は長安だから、理由もわからず適用してしまったこと(と、それの江戸~明治時代になってのサイズダウン)
えーと根拠は江戸年間の本にあるけど「日本の霊山富士山が、中国の地脈のパワーを引き寄せて日本海を越えているから、日本でも使って良いんだ」みたいな事が書いてあります。
「都市史図集成(彰国社)日本建築学会編」って本の最初あたりに書いてある・・・なんで都市の区割りが四角いのかとか。はあはあ(興奮してるかも)
(ちなみにこの本の近代都市コンペのページのあたり、私も2ページちょっと書いてる。(←宣伝))
  • 2011-02-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14489]

逆です!
梶君ちの場合は基本的に家の中心点を基準にして北東方向が鬼門です。
だから駐車場のある方向が鬼門になるの。
鬼門の対角上となる南西側の花壇がある方向が裏鬼門。
なので、裏鬼門対策として花壇に「難が転じる:ナンテン」を、ってこと。

たぶん、乱雑にしてはいけない鬼門方向に駐車場。
裏鬼門方向に位置する玄関の先に花を植える花壇。
おそらく設計段階で風水を調べているいい家だと思いますよ!
  • 2011-02-24
  • 投稿者 : KENBOW
  • URL
  • 編集

[C14490]

裏鬼門にナンテンですか! 南西側というと... いま ラベンダーが相当幅を利かせていますね。 
こっちでもナンテン 入手可能かな~?
  • 2011-02-25
  • 投稿者 : PAW
  • URL
  • 編集

[C14491] おおお

ハムニ:やっぱ都市計画にも風水関係あるんだww

ケンボー:はい。おおせの通りにw

PAWさん:ロスで南天..手に入るんですかねぇ..
  • 2011-02-27
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C14493]

>都市計画にも風水関係あるんだww
そうそう、
というか本来都市計画用の概念なんだよね。
それをおうちサイズにサイズダウン、自分らの住んでる近場にバリエートしたと言う方が近いかも。(といってもむかし風水気にし始めたころの「おうち」は、いまでいう「チョー豪邸」だったわけですけど)

災いってのももともと夷狄(尊皇攘夷の「夷」ね)のことだとかんがえると。
お城って言うのもサイズダウンした城塞都市のことで、
本来お城のお堀や城塁なんかも、「万里の長城」の(すっげーサイズダウンだけど)ミニチュアなわけでさ。北方の(ほら鬼門が東北というのは中国東北部民族≒満州族のことなんだよね)夷狄から防衛する為に作られたのが万里の長城。
南西裏鬼門は、中国ではあちらから南西季節風が吹き込むことで火事や(だからかまどや台所を南西に置かない、火の粉が飛ぶ)ホコリで眼病が増えたとか。災いがいえのなかにやってくる。
家の真ん中に階段を置かないのは、むかしは天窓が作れなかったから暗くて事故が頻発したとか。
まあいろいろあるわけです。

サイズというかスケールごとに視点を変えて見てみると、それぞれの理由とか根拠(由来)がある。
  • 2011-02-27
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C14498] あーなるほどー

昔は都市自体が要塞の機能も果たしていたもんなぁ...
  • 2011-03-04
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/2070-c2c101f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
217位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。