Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C13561]

これ、好きな言葉です。
ビスマルクの言葉とは知らなかったけれど。

スピード感も大事だし、かといって勢いだけでもだめ。
難しそうだけど、根っこはシンプル。
うーん、奥が深いですねぇ。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : どんぐり
  • URL
  • 編集

[C13562]

で、ビスマルク卿を追い出して政権を握った奴らが、ヨーロッパ中の恨みを買って第一・二次大戦でボロ負けしちゃったという・・・汗。
歴史に学ばなかったのか、学ぶべきダメ歴史を作ったから良しとするのか。

「失敗に学ぶことはもう出来ない、ありとあらゆる失敗の可能性をシミュレートしておかなければならない。」
と原子力発電所の設計者がいってました。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13564] もうひとつ

追記:
えーとくどくてすみません。
今ちょうど読んでる本に
「正義を一気に全社会的に実現しようとする運動(者)は必ず粛正か強制収容所かその両方を採用するようになる。歴史はこの教訓に今のところ一切の例外がないことを教えている。」
って文章があったんですけど。
えー・・・グー*ル八分とか、マイ*ク切りとか、炎上とか・・・。
これって個人的粛正(の集合)だったり、強制収容(強制排除)とも言えるんじゃないかと。
つまり、やはりネットワークという場所でもそれは同じ事なんだろうなあ・・・と。ふと思ってしまいました。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13566]

「歴史に学ぶということは、ある事象の中に存在する普遍的な原理を見抜くことだ」と、かつての上司がいつも言ってました。ここでいう普遍的な原理とは、時代や場所などに左右されず通用する法則みたいなもの。物事の本質をとらえるということは、結局この普遍的な原理を捉えるということにほかならなくて、的確な判断をするうえで非常に大切なものだと思います。

いわゆる古典という書物には、こういう普遍的な原理がたくさん詰まっていて、だからこそ時代を超えて読み続けられるんだよね。

僕たちが今向き合っている課題に対する答えは、実は既に大昔の人が出していて、僕たちはそれに気づいていないだけなのかもしれません。
  • 2010-02-24
  • 投稿者 : かわい
  • URL
  • 編集

[C13567] そうそう

どんぐりさん:スピードだけでもダメなんだよねー。最近それなんとなくわかってきたような気がします。

ハムニ:うん人間の心理もこれまたかわらないものなのかもしれないね。原子力は存在そのものがリスクだからね。仕方がない。

かわいくん:うん。結局音楽も一緒で、今も昔も変わらないところは全然変わってないもんね。POPミュージックだけ見てもBeatlesがその最たるものじゃない?それが本質というものなのかもしれないね。
  • 2010-02-24
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/1864-2a731e4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マーケティングとは?

 先日参加したとあるマーケセミナーの講師が引用した言葉

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

かのドイツ初代宰相のビスマルクの有名な言葉で、「愚者は自分で失敗して初めて失敗の原因に気付き、その後同じ失敗を繰り返さないようになるが、賢者は過去の他人の失敗から学び同じ失敗をしないようにする」といった意味であるが、この情報の供給過剰な世の中だからこそ、必要なのはこの精神であるような気がした。

 あとこのセミナーで印象的だったのは

・思いつきのマーケティングは失敗する
・マーケティングの役割は市場に顧客を創造することである

ってこと。
あたりまえなんだけど、結構そこをわかってないマーケターって周りを見ていても多いような気がする。(ま、自分も含めてだけど(´Д`A;) )
表面上は複雑怪奇に見えても、根っこの部分は実にシンプルなんだよね。
だから、そこがブレているとすべてがおかしくなってしまうんだよな。
 自分のプランがブレない為には、沢山の情報とネットワーク、そして的確な判断力が必要だ。この三つを兼ね備えた人間が今後マーケターとして生き残っていけるんだと思う。






スポンサーサイト

5件のコメント

[C13561]

これ、好きな言葉です。
ビスマルクの言葉とは知らなかったけれど。

スピード感も大事だし、かといって勢いだけでもだめ。
難しそうだけど、根っこはシンプル。
うーん、奥が深いですねぇ。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : どんぐり
  • URL
  • 編集

[C13562]

で、ビスマルク卿を追い出して政権を握った奴らが、ヨーロッパ中の恨みを買って第一・二次大戦でボロ負けしちゃったという・・・汗。
歴史に学ばなかったのか、学ぶべきダメ歴史を作ったから良しとするのか。

「失敗に学ぶことはもう出来ない、ありとあらゆる失敗の可能性をシミュレートしておかなければならない。」
と原子力発電所の設計者がいってました。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13564] もうひとつ

追記:
えーとくどくてすみません。
今ちょうど読んでる本に
「正義を一気に全社会的に実現しようとする運動(者)は必ず粛正か強制収容所かその両方を採用するようになる。歴史はこの教訓に今のところ一切の例外がないことを教えている。」
って文章があったんですけど。
えー・・・グー*ル八分とか、マイ*ク切りとか、炎上とか・・・。
これって個人的粛正(の集合)だったり、強制収容(強制排除)とも言えるんじゃないかと。
つまり、やはりネットワークという場所でもそれは同じ事なんだろうなあ・・・と。ふと思ってしまいました。
  • 2010-02-23
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13566]

「歴史に学ぶということは、ある事象の中に存在する普遍的な原理を見抜くことだ」と、かつての上司がいつも言ってました。ここでいう普遍的な原理とは、時代や場所などに左右されず通用する法則みたいなもの。物事の本質をとらえるということは、結局この普遍的な原理を捉えるということにほかならなくて、的確な判断をするうえで非常に大切なものだと思います。

いわゆる古典という書物には、こういう普遍的な原理がたくさん詰まっていて、だからこそ時代を超えて読み続けられるんだよね。

僕たちが今向き合っている課題に対する答えは、実は既に大昔の人が出していて、僕たちはそれに気づいていないだけなのかもしれません。
  • 2010-02-24
  • 投稿者 : かわい
  • URL
  • 編集

[C13567] そうそう

どんぐりさん:スピードだけでもダメなんだよねー。最近それなんとなくわかってきたような気がします。

ハムニ:うん人間の心理もこれまたかわらないものなのかもしれないね。原子力は存在そのものがリスクだからね。仕方がない。

かわいくん:うん。結局音楽も一緒で、今も昔も変わらないところは全然変わってないもんね。POPミュージックだけ見てもBeatlesがその最たるものじゃない?それが本質というものなのかもしれないね。
  • 2010-02-24
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/1864-2a731e4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
217位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。