Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C13268] ここも

デザイナー物件ですよね、デザイン統括プロデューサー「徳川綱吉」w。わんわん。
(東京のミニチュアとしては「江戸」のアナロジーに徹しているところが某Mビル美術館のミニチュアより数倍高尚だと感じたりして。じっさいは綱吉も教養ある人だったらしいけど、性格と教養は必ずしも一致しないといういい例で。)

自分が薄まって、環境と向き合わざるを得ない施設は、公園と火葬場(相手がいないから)だと思っています。
庭園は垂直面がデザインしにくいから、結局自然の不作為に任せざるを得ないので、デザイナーの恣意性が消える・・・だからデザインとして長持ちするんだろうなあと。
こないだホテルに泊まったとき、近所の庭園(大久保彦左衛門の屋敷跡)見下ろしてたんですけど。子供のころに庭師さんにもらった(なぜ?)庭園ハンドブックのセオリー通りに石や気が並んでいるのを見て、なんか感動してしまいました、ビルの谷間にもよくみると日本がしぶとく残ってるんだよね。
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13269] 追記:

そういや庭園って「楽園(極楽)」を模したものでもあるわけで。
火葬場なんかとその辺で意味が似ているかもしれない。
むかしのバーチャルリアル≒死後の世界体験。といいますか。

日本庭園でしんみり日本人だなあ・・・と感じるのも、もしかしたらあそこがレトロな仮想空間だからかもしれないですね。そりゃ昔の日本はもうとっくに死に絶えてるわけで、タイムスリップ+ご先祖との対話、っていうわけで。
(毎度長くて済みません。)
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13270]

六義園、都会の喧騒を忘れ、四季を感じられる場所ですよね。小山を上るとちょっとした達成感も感じられたりして。かつてのご近所ということもあり、年に一度は訪れています。確か、区民は割安で行けるのでは??
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : Yukari
  • URL
  • 編集

[C13271] そうそう

ハムニ:で、もっともそのミニマムな形が盆栽だったりするわけで、島国だからなのか、閉鎖された空間の中に宇宙までを表現することができるのも日本人ならではの感覚かもしれませんね。

Yukariさん:え?まぢでそんな区民割引なんてしらないよ?お近くにお寄りの際は是非ご連絡を♪
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C13272]

僕は、ココは春の夜桜を観に行くんだ~☆

でも、紅葉もイイね。
庭園がキレイだしね。^^
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : よし蔵。
  • URL
  • 編集

[C13273]

昨日はどうもでした。

自分のつい最近書いた日記も、
ここの写真使いました^^
  • 2009-12-25
  • 投稿者 : まーにゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/1781-f446b88f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

六義園

このブログにも何回か書いてますが、今年も六義園の紅葉を見に行ってきましたー♪
ピークは過ぎてましたが、まだまだ紅葉が綺麗...
RIMG0041.jpg
落ち葉も色とりどりで目を楽しませてくれます
RIMG0055.jpg
で、この公園のいいところは茶室で綺麗な風景を見ながら御茶をいただけるところなんですよねー
抹茶をすすりながら「嗚呼..日本人でよかった..」としみじみ...(・∀・)♬♬
RIMG0039.jpg
RIMG0061.jpg
冷たい空気の中で耐えるこんな小さな生命を発見。
本格的な冬の到来を感じます。
RIMG0088.jpg








スポンサーサイト

6件のコメント

[C13268] ここも

デザイナー物件ですよね、デザイン統括プロデューサー「徳川綱吉」w。わんわん。
(東京のミニチュアとしては「江戸」のアナロジーに徹しているところが某Mビル美術館のミニチュアより数倍高尚だと感じたりして。じっさいは綱吉も教養ある人だったらしいけど、性格と教養は必ずしも一致しないといういい例で。)

自分が薄まって、環境と向き合わざるを得ない施設は、公園と火葬場(相手がいないから)だと思っています。
庭園は垂直面がデザインしにくいから、結局自然の不作為に任せざるを得ないので、デザイナーの恣意性が消える・・・だからデザインとして長持ちするんだろうなあと。
こないだホテルに泊まったとき、近所の庭園(大久保彦左衛門の屋敷跡)見下ろしてたんですけど。子供のころに庭師さんにもらった(なぜ?)庭園ハンドブックのセオリー通りに石や気が並んでいるのを見て、なんか感動してしまいました、ビルの谷間にもよくみると日本がしぶとく残ってるんだよね。
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13269] 追記:

そういや庭園って「楽園(極楽)」を模したものでもあるわけで。
火葬場なんかとその辺で意味が似ているかもしれない。
むかしのバーチャルリアル≒死後の世界体験。といいますか。

日本庭園でしんみり日本人だなあ・・・と感じるのも、もしかしたらあそこがレトロな仮想空間だからかもしれないですね。そりゃ昔の日本はもうとっくに死に絶えてるわけで、タイムスリップ+ご先祖との対話、っていうわけで。
(毎度長くて済みません。)
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : ハムニ
  • URL
  • 編集

[C13270]

六義園、都会の喧騒を忘れ、四季を感じられる場所ですよね。小山を上るとちょっとした達成感も感じられたりして。かつてのご近所ということもあり、年に一度は訪れています。確か、区民は割安で行けるのでは??
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : Yukari
  • URL
  • 編集

[C13271] そうそう

ハムニ:で、もっともそのミニマムな形が盆栽だったりするわけで、島国だからなのか、閉鎖された空間の中に宇宙までを表現することができるのも日本人ならではの感覚かもしれませんね。

Yukariさん:え?まぢでそんな区民割引なんてしらないよ?お近くにお寄りの際は是非ご連絡を♪
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C13272]

僕は、ココは春の夜桜を観に行くんだ~☆

でも、紅葉もイイね。
庭園がキレイだしね。^^
  • 2009-12-24
  • 投稿者 : よし蔵。
  • URL
  • 編集

[C13273]

昨日はどうもでした。

自分のつい最近書いた日記も、
ここの写真使いました^^
  • 2009-12-25
  • 投稿者 : まーにゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/1781-f446b88f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
260位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。