Entries

今更ながら「マーケティングとは?」の持論

やはり注目を浴びてくると、周辺から様々なプレゼンをしていただける。
これはとてもありがたいことだ。
こちらも情報を多く持っておきたいし、選択肢も増えるワケだから、最近は忙しくともできるだけ会って話しを聞くようにしている。
が、やはりそのプレゼンの内容によって「成立するもの」「成立しないもの」が当然出てくる。
その両者を比べると、僕の場合その大きく3つの要素で選別しているよな気がする。

1:スピードについてこれているか?(これは僕のスピードももちろんだけど、主には時代のスピードだね)
2:メディア特性を生かしたマーケティングができているか?
3:アーティストに対して愛情があるか?

3の「愛があるかないか?」はほんと大事なポイント。
本気でそのアーティストの仕事をしたい!って思っている人と、そうでない人との差はすぐわかるもんね。これは嘘の愛でもよくって、この仕事を利用して自分も大きなチャンスをつかみたい!というポジティヴさ、アグレッシヴさって大事よね。
もちろんこちらもそれなりに対等以上のメリットがないと成立しないけど。

2に関してはマーケティング的な概念から言えば、これだけ多種多様な情報社会になってしまっただけに、すべてのメディアが強くもなり、弱くもなってしまう時代となった。
では、いったい強い広告とはなにか?と問われたときに、その商品の特性とメディアの特性とがシンクロした広告展開ができているか?
ということが大事になってきたような気がする。
ようはそのメディアの特性とアーティストのカラーが一緒になって何を仕掛けるのか?ってことだよね。

そのためには、アーティストを愛し、そしてメディアを愛さないといいアイデアは生まれないし、面白い仕掛けも作れない。数字と知識も大事だけど、それだけではもはや組み立てられない時代になった。
それと1のスピード感がこれからの時代のマーケティングに必要なことなんだ思うのだが、みなさんはどう思います?
スポンサーサイト



5件のコメント

[C10061] そして4番目に・・・

このように文章にして言って頂くと、本当にその通りですね~。
あたしはプレゼンに伺う側ですが、自分の好きなコンセプトの雑誌社にはとてもスムーズに、そして寛大に企画通して頂けるのも、3番の話につながってるかもしれませんね。
で、あたしの場合4番目が
「独りよがりになっていないか」の確認(笑)
  • 2008-04-30
  • 投稿者 : AYA@クラウディア
  • URL
  • 編集

[C10062]

商品が何か?ということがヤヤコシヤな時代ですよね?
バイラルにはスピードと誠実さって必要条件とは思います。
  • 2008-04-30
  • 投稿者 : jirohachi
  • URL
  • 編集

[C10063] あー

AYAさん:ですね。独りよがりも危険ですよね。あくまで客観的視点を得る意味でもいろんな情報が必要なんですよね。

次郎八さん:そうなんです。でもいいコンテンツは売りやすい時代になったのかもしれません。マーケティングとはそれらをスタートラインまでに持っていくまでの力でしかない。あと広がるかどうかはやっぱ商品の強さなんですよね。結局は。
誠実さ..大事です...。
  • 2008-04-30
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

[C10064] おー、

納得です!!!
  • 2008-04-30
  • 投稿者 : ふくりゅう
  • URL
  • 編集

[C10068] お

やっぱそう思うよね?(・∀・)
  • 2008-05-01
  • 投稿者 : かでぃぼう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kajibow.blog2.fc2.com/tb.php/1186-d1b12517
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2741位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
154位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ