Entries

24 FINAL SEASON

遅ればせながら見ますた「24 FINAL SEASON
あいかわらずの、急展開ばかりのドラマなのですが、脚本家のストが明けてから制作されたシリーズだけあって、脚本が前作とは比べものにならないほど面白い。というか前のエピソードの質が低すぎたとも言えるんだけど...。
やっぱりドラマや映画は脚本がダメだとすべてがダメになっちゃうんだな。
シリーズもの見るとそれがよくわかる。

僕の予想だと、シリーズ終了後しばらくたってからジャック・バウワーではない主人公(ジャックの孫)で新シリーズが始まるような予感がするのだが...当たるかな?w
そして今「gree」にハマりそうな予感♪使っている曲のセンスが抜群にイイんだよね。

24FINAL.jpg

映画「八日目の蝉」

 周りの評判が非常に高かったので、思わず観に行ってしまった「八日目の蝉」。
でも、僕的にはいまいちピンと来なかったんだよなぁ...。多分、この映画はすごく女性視点で描かれていることと、感動するか否かは個人の恋愛観によるところが大きいんだと思う。
ただ、主演の永作博美の演技が素晴らしく、メンズあたりは、後日ジワジワくるような気がするよ。僕は次の日キタ(・∀・)
あと、職業柄どうしても宣伝手法をみてしまうのだが、もう少しうまくやったらもっとヒットしたかもなぁ..と、ちょっともったいない気がしました。完全にワーカホリックだな...こりゃ..(´Д`A;)

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」

 いや、もうこの映画は王道を行くエンターテインメント映画なので、多くを語る必要はまったくないワケなんだけど、個人的にはやっぱペネロペ・クルスやねぇ...本当になんであんなに綺麗なんだろう?映画の半分(いやもっと?)はヒロインで決まるよな。こういうザッツエンタメ映画だと尚更思うワケです。
 ジョニー・デップもいいけどさ、今回は完全にペネロペだったよ..それだけでも世の中の男子は観る価値あるかとw

aflo_OWDC701573.jpg

BLACK SWAN

 「BLACK SWAN」見てきたんだけど。面白かった!
世に人の狂気を表現した傑作は多々あれど、この演出と構成いままで誰も実現できなかった。
特にCGの使い方が素晴らしいんだな。オレ...舞台のシーンなんて、あまりになじみすぎててわからなかった(´Д`A;)
今後のトレンドはいかに最新技術を使いながらも、それを感じさせない演出により、いままで表現できなかったシーンを観客に見せつけることなのかも。現代技術スゲー!と思うワケです。
 映画は確実に進化しているナァ。

BLACK-SWAN-one-sheet.jpg


映画「軽蔑」

先日試写会で見させていただいた映画「軽蔑
中上健次原作の映画である。
やはり「愛」というものは、どうしようもなく、救いようのないバカなヤツの愛のほうが、ピュアでまっすぐで、わかりやすい。だからこそそういうバカは周りから無償の愛を受けられちゃうんだよな。
愛というものはそもそも計算で得られるものではないから、だからバカになったほうが正解は近いのかもしれない。
そんなことを考えさせられるほど、この映画の完成度は高い。
確かに高いんだけど、余計なことを言うと公開のタイミングは果たして「今なのか?」と思ってしまった。
果たしてこの救いのないエンディングが今のこの世の中にどこまで通用するのか?
今後のエンタメ業界のトレンドを計る試金石ともなりうるこの作品の興収の動きに注目したい。

keibetsuposter64_large.jpg





Appendix

kajibow の Twitter

Twitter < > Reload

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3064位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
202位
アクセスランキングを見る>>

Extra

プロフィール

かでぃぼう(kajibow)

  • Author:かでぃぼう(kajibow)
  • 音楽とお魚をこよなく愛しております。
    海水魚飼育HP「踊ろうよFISH!」も運営、そしてTWITTERでもつぶやいてますので、リンクから是非ご覧ください!

最近の記事+コメント

月別アーカイブ